人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

木製の梁に天井をファイリングの微妙な

ほとんどのアパートや家には鉄筋コンクリート製の天井と屋根がありますが、木製の梁がある構造もあります。したがって、修理が始まると、住宅所有者は、表面が現代的でスタイリッシュな外観になるように、それらをどのように外装するかについて疑問を抱いています。今日では、たくさんのデザインのアイデアがあります。そのおかげで、オリジナルの方法で天井を飾ることができ、きれいな構成にすることができます。

クラッディングは特別な困難を提示しません、彼らは様々な仕上げ材を使って、あなた自身の手でするのが簡単です。これを行うには、個々のプロジェクトを作成し、必要なデザインスタイルを選択してバインダーを実行するだけで十分です。その後、部屋は変形して居心地がよくなります。

特別な機能

木製の梁の天井の天井は、モダンなインテリアに非常に人気があります。モダンなデザインは、あらゆるデザインに調和してフィットするようにデザインすることができます。

そのような天井の主な特徴は、それらがいくつかの層からなるということです。

  • 支持梁 それらは基盤を形作り、ある間隔で天井の表面に置かれ、そしてビームで互いに取り付けられます。
  • 屋根裏部屋の床。 それは木の板のフローリングで、屋根と天井を分けています。
  • 断熱材 ポリウレタンフォーム、ミネラルウール、ポリスチレンが断熱材として最もよく使われます。この構造の層は、屋根を通過する可能性がある冷たい気流から部屋を保護します。

  • 水蒸気バリア それは凝縮物の蓄積を防ぎ、部屋の中で最適な微気候を作り出すために置かれます。
  • ドラフト天井 使用されているOSBスラブ、合板の厚板または板の仕上げ材として、木枠に取り付けられているコーティングです。木枠は通常レールでできています。ドラフト天井の取り付け後、装飾的な裏地が施され、それによってコーティングが完全に縫い付けられるか、または梁が単に隠される。

天井を埋める方法は部屋の高さに応じて選択されることに注意する価値があります。部屋が小さい場合、それらは多層構造や複雑な構造物を取り付けることは推奨されません。


適用範囲

梁からの木の梁は、古いレイアウトのアパートと多くのカントリーハウスの両方にあります。彼らは通常部屋の周囲に配置され、安価な木で作られています。田園地帯で同時に丸太の形の丸太を見ることができる。デザインの梁は、ベアリング要素の役割を果たすだけでなく、天井の基礎となることもよくあります。 デザインを正しく考えれば、それらを美しい装飾要素に変えることができます。

outbuildingsとガレージの天井は、OSBまたは普通のボードで裾上げすることをお勧めします。

民家でデザインをするとき、裏地と乾式壁の両方が適しているでしょう、そしてそれはプラスターで覆われるか、またはその後の装飾で塗られることができます。


アパートの部屋では、自然な配列からの材料は装飾のための理想的な選択になるでしょう、それは内部に特別なシックを与え、そして木の心地良い香りで空間を満たします。住宅地では、梁はヒンジ構造の下に隠れることがあります。

テラス、ベランダ、バスルームでは、装飾パネルで天井を飾り付けることができますが、水分や温度の変化を恐れない製品を優先することをお勧めします。バルコニーの天井のファイリングについては、プラスチック製のプロファイルが通常それに使用されている、彼らはよく梁に取り付けられており、あらゆる気候条件を許容します。このタイプの仕上げをお風呂で塗ってください。この場合の木製の梁は羽目板の下に完全に隠されています。



オフィススペースや公共の建物に関しては、それらの天井はモジュラーシステムを備えています。彼らはインストールが簡単です、彼らは美しく見えますが、彼らは家のデザインには適していません。

適用範囲にかかわらず、裾の天井は断熱し、湿気や蒸気から保護する必要があります。したがって、ハイドロバリアがメインとヘムのオーバーラップの間に設置され、ミネラルウールの断熱材が敷かれています。


材料

木製の梁の裾の天井にはさまざまな素材を使用できます。コーティングの結果として完全にまたは部分的にさえも得られるので、いくつかのパネルの元の仕上げを組み合わせた美しいデザインに見えます。そのような表面は、フォームタイル、織り目加工の壁紙、または塗料で塗装することによってさらに貼り付けることができる。


また、天井の覆いのためのモダンなデザインでは様々な素材を使用していました。

  • ファイバーボード 製品のシートは、それらの端部がビームの中央に位置するように切断される。ファイバーボードは、20×40 mmの木の棒を使って構造物に固定するか、特別なラグで固定します。これを行うには、ボードの溝を切り取り、追加のコーナーまたは木材を挿入します。このタイプの仕上げでは、ファイバーボードパネルがたるまないようにすることが重要です。したがって、それらは縫い目の変位を伴ってまたは市松模様状に釘付けされかつ積み重ねられる。
  • 合板 木の質感が部屋の内部にとって重要でないならば、天井は合板で覆われています、それはネジで引きつけられて、釘付けにされます。同時に、この材料は重いので、梁の厚さに注意を払う必要があります。シートの厚さは、ラグ間の距離に応じて選択されます。トリムの縫い目の終わりにパテの木やマスチックを閉じます。その後、表面はよく下塗りされ、仕上げ仕上げで覆われています。
ファイバーボード
合板
  • OSB(OSB)をプレートします。 この材料は安価で、設置が簡単で、そしてうまく機能すると考えられています。 OSBのストーブはどの場所でも天井を覆うことができます。この製品の唯一の欠点は、その組成中に樹脂が存在することですが、その材料が高品質で作られている場合は、その操作中にホルムアルデヒドの放出は少なくなります。プレートは壁パネルとデザインが似ており、特殊な溝があるので、プレートは素早く組み立てられます。そのようなメッキの後、天井は平らでシームレスな表面を獲得します。
  • 乾式壁 それは表面めっきのための最も一般的な材料です、それは木とアルミニウムの両方のフレームに簡単に取り付けられます。それを使用すると、美しいマルチレベルシステムを作成したり、単に木製の梁の間に挿入物を配置することができます。乾式壁を取り付けた後、すべての接合部をシールする必要があります。これは特別な構造グリッドを課し、それをパテで覆うためです。

湿度の高い部屋では、厚さ10 mmのシートを使用することをお勧めします。暖かい部屋や乾燥した部屋では、厚さ9 mmまでの乾式壁に適しています。あなたはまた通気コンクリートで天井を埋めることができます。

OSBプレート
乾式壁
  • サンドイッチパネル。彼らは特別な接続を使用して簡単に収まる素晴らしい断熱材です。パネルの梁にネジでネジ止めされ、それから塗装されます。材料は不透明で光沢のある表面で発行され、追加の処理は不要です。それらは天井を完全に覆うことも、垂直または水平に別々のインサートを作ることもできます。
  • 木製の裏地。それは民家の裏地で美しく見える材料の最も人気のある種類の一つであり、製品は木材にやさしく、心地よい香りがします。板によって飾られる天井は部屋のある特定の微気候を維持し、余分な湿気を吸収する。このような構造を正しく取り付けると、何年もの間持続し、良好な遮音性と断熱性を発揮します。最も頻繁にクラッディングのためにスギ、アルダー、マツおよびカシのライニングを選びなさい。幅は30 mmから150 mmで、長さは最大6メートルです。当然のことながら、このようなライニングは高価であると考えられている。なぜなら、取り付けに加えて、ボードをさらにニスでコーティングする必要があり、乾燥すると保護フィルムを作り出し、コーティングを耐湿性にするからである。

ニスの助けを借りて、天井はマットと光沢のある表面の両方を与えることができます。裏地は尾根と溝からなるシステムを使用してインストールされます。ボードを固定するには、45度の角度で必要です。通常、厚さ25 mmのトリミングボードがメッキ用に選択され、天井の全長を塞ぐことができ、隙間ができません。

サンドイッチパネル
木製の裏地
  • テンションシステム 原則として、このような構造はすべての仕上げ作業を終えた後に組み立てられます。設置には特別な道具や機器は必要ないので、あなたは自分の手で天井を設置することができます。 「フレンチ」の天井を固定するためには、建物の乾燥機、こてを用意し、質感と色に応じてキャンバスを選択するだけです。このようなデザインはインテリアが美しく見え、木製の梁を元々隠すことができますが、これはモダンなデザインのイメージには合いません。

  • プラスチックパネル 外面的には、それらは壁パネルの外観に似ています;それらは50 mmから100 mmまでの幅で製造されています。プラスチックで覆われた天井には縫い目があり、ラックとも呼ばれます。仕上げのために、あなたは薄い壁でパネルを選ぶ必要があります、それらはフレームに取り付けるのがはるかに簡単で、必要ならば、簡単に取り外すことができます。加えて、そのようなメッキは大きなフレームの設置を必要としない。通常、作業には幅25 cmの白いプラスチックが使用され、ホッチキスを使用してビームに固定されます。必要に応じて、木材や石を模したものと同様に、つや消しの光沢のある表面で素材が作られているので、さまざまな色や質感のパネルを使用できます。一般に、プラスチックパネルは、湿度が高いために他の種類の材料を使用することができないバスルームおよびキッチンに設置されます。

さらに、プラスチックは居住区だけでなく、テラス、ベランダ、またはガレージの天井にも侵入することがあります。彼らは石鹸水で洗うのが簡単で、日光の下で褪色しないで、そしてもともとうらやましい木の梁です。


  • サイディング この素材は理想的にはあらゆる種類の仕上げと組み合わされているため、デザイナーはさまざまなアイデアを現実に変換することができます。羽目板で住宅の吊り天井を覆ったり、テラス、バルコニー、ベランダで木製の梁を隠すことができます。


集会

木製の梁の天井をすり減らすことは、自分の手で可能です。これを行うには、最初にすべてのツール、仕上げのための材料、さらに接着剤と木工の混合物を準備する必要があります。梁が重なりの基礎となる場合は、真菌やカビの存在を慎重にチェックする必要があります。欠陥がある場合は、その後、ラグは消毒液で処理する必要があり、亀裂や切りくずはパテされています。

準備作業の完了後、いくつかの段階から成るインストールを実行することができます。

  • まず第一に、あなたは防湿層を作成し、梁を閉じる必要があります。 これは、ホチキスで簡単に貼り付けることができるプラスチックフィルムまたは羊皮紙を使用して行うのが最善です。それから丸太はほとんどの場合そのような目的のために使用される縁取りされた板のためにあらゆる粗い材料で並ぶべきです。天井が曲がっていることが判明し、重なり合いに段差がある場合は、平らにする必要があります。
  • 作業の次のステップは断熱材を敷設することです、それは室内の熱を保ち、屋根や床からの冷たい空気の流れが重ならないようにします。これはアパートの1階のメッキに特に当てはまります。ミネラルウールまたはフォームは断熱材として使用されます。

Clayditeも置くことができますが、それは気泡コンクリートベース上のコンクリート締め付けが必要になります。



  • 取付けの後で、絶縁材は更に置かれます 防湿層。 今日まで、あなたが空気の自然な構造を提供することができる多くの材料があります、しかし主なものは膜ポリエチレンと考えられています。
  • 最終段階は考慮されます 荒加工装置。カバーは合板か専門シートで覆われています。

その場合、仕事が民家で行われるのであれば、屋根裏部屋の機能的な目的を考えると、仕上げが行われるべきです。多くの建物で、それは住宅の屋根裏部屋として機能することができ、そして単に非住宅用スペースとして機能することができます。本格的な部屋に対応する屋根裏部屋の場合は、オーバーラップ層にアルミ箔を追加する必要があります、それは家の中で熱損失を避けるのに役立ちます。さらに、屋根裏部屋を作るとき、彼らはおがくずとミネラルウールから成る遮音の層を置きます。

遅れのために使用されるボードは、長い釘で固定され、槌で打たれている、彼らは隙間を残さずに、しっかりと置かれるべきです。


このようにして覆われた天井は美しくなるだけでなく、部屋の微気候を維持するはずです。構造全体の美的外観は、仕上げコーティングの正しい取り付けに依存します。そのため、作業はゆっくりと実行し、すべてのメッキ技術を順守する必要があります。設置を簡単にするために、天井の事前チャートを作成し、その中に熱、蒸気、および遮音の敷設を指定することをお勧めします。

トリムのわずかな不正確さは、構造全体のその後の操作に悪影響を及ぼす可能性があります。

ヒント

現代的な住居のインテリアを飾るために、そして天井に木製の梁を隠すために、多くの仕上げの選択肢があります。その中で、装飾的な材料による表面のクラッディングは大きな需要にあります。 屋根付きの天井を作ることは難しくありませんが、初心者には、専門家のアドバイスが役に立ちます。

  • 防腐剤を使った木の含浸から作業を始める必要があります。それは湿気や損傷から材料を保護するだけでなく、塗装時の塗料を節約します。
  • 断熱のためには、通常のフィルムを使用せず、ホイルコーティングされたポリプロピレンベースのコーティングを有する材料を優先することが最良である。このように、あなたは高品質の防湿層を得ます、そして、凝縮物は集まりません、そしてそれは木に損害を与えることができます。さらに、換気のためのスペースがあるように、フィルムは荒い天井に置かれなければなりません。

  • ドラフト天井の形成中、そのデザインの特徴に注意を払い、以前に描かれたパターンに従って仕上げを行うことが重要です。これは設置をスピードアップするだけでなく、天井材を節約します。
  • ボードは部屋の長さに応じて選択されるので、無駄はほとんどありません。
  • 構造の内側から木のスラットを敷き、反対側の壁に向けて置くことをお勧めします。調整後、セルフタッピングネジを使用して梁に固定されます。

あなた自身でそのような仕事に対処するのは難しいでしょう、それであなたは理事会を申請し支持するであろう何人かの人々の助けが必要です。

  • クラッディング材料のサイズは取付けの前に計算されなければなり、パネルが標準を満たさなければ、それらは電気ジグソーで切ることができます。この場合、すべてのボードの長さはレールの長さと等しくなければなりません。
  • 防湿板が正しく取り付けられていないと、型がそれらの中に現れ、木が腐ることがあるので、めっき中に、構造の角に細心の注意を払わなければならない。
  • 照明器具の設置が予定されている場所は、20×20 cmの熱反射ホイルで並べる必要があります光源を設置する前に、それらの位置を考慮し、火災に対する保護層をシステムに設ける必要があります。
  • 梁を装飾的な要素として残して、天井とその別々の部分の両方を完全に覆うことが可能です。他のタイプの仕上げ材と組み合わせると、内部の木のラグは美しく見えます。重なりが不均一で多くの欠陥がある場合は、蝶番を付けたシステムでそれを飾ることをお勧めします。

木の梁から装飾的な天井を作る方法についてもっと学ぶことができます。

コメントを残します