人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

廊下のインテリアの装飾的なプラスター

モダンなインテリアは、その家が多機能で実用的で居心地の良い島に変わったおかげで、珍しいデザインのアイデアを具体化したものです。家の中の各部屋は特定の目的を果たしているので、家の中の各部屋はそれ自身のやり方で独特であるので、家の設計は大きな責任で扱われるべきです。所有者の「顔」と呼ばれることが多い廊下は、特別な注意に値する。


その空間と壁の装飾の適切な組織から、住宅の一般的なタイプだけでなく、また家の所有者、彼らの好み、好みの印象を与えます。

特別な機能

最近、装飾的なプラスターは廊下の仕上げの設計で広い適用を見つけました。この材料は構造がユニークで、アパートや家の両方によく適しています。色と質感の巨大な選択のおかげで、廊下のインテリアの装飾的なプラスターはあなたが快適さで部屋をいっぱいにしている静かで家庭的な雰囲気を作り出すことを可能にします。装飾的なプラスターの普及した使用はまたそれが原因です 高性能、珍しい外観と色の選択。

この素材は壁や天井で飾られたモダンな仕上げ材です。石膏は天然および人工の成分から成り、エンボス加工された表面、独特の構成および図を作成するための装飾に使用されます。独特な構造のために、建築材料はひびを隠すことを可能にし、壁の欠陥、それらの不規則性を取除く。

装飾石膏は色の大規模な品揃えで提示されます。それは、モノラル、そして銅、金、銀の繊維を加えた両方で起こります。真珠の母の下でそれで飾られた壁もまた異常に見えます。



珍しい風合いの素材が廊下のデザインを面白くし、織物、スエード、紙、ヤシの葉、ベルベット、天然石の形でそれをさまざまな模造品で補完することができます。プラスターはさまざまな方法で適用されます、従って表面は滑らかで、起伏の両方である場合もあります。 さらに、装飾的なプラスターは多くの利点があります:

  • 耐久性と実用性塗布技術を適切に遵守して、壁や天井の表面が優れている、このコーティングはチップを与えない、亀裂、崩れません。この材料は、外部からの影響に対する高い耐性を特徴としています。
  • マスキングこの製品のおかげで、あなたはすべてのひびを隠して、不規則性を取り除くことができます。
  • 多機能石膏はあらゆる種類の表面を仕上げるのに適しています。それはコンクリートと木、レンガの両方に適用することができます。
  • 極端な湿気や温度に対する耐性。
  • 環境にやさしい製品の構成には、人の健康に害を与えない成分が含まれています。

プラスの特徴の巨大な存在にもかかわらず、プラスターには欠点があります。まず第一に、これは材料のコストと仕上げ作業のパフォーマンスを含む高価格です。加えて、プラスターは解体するのが困難であり、そして適用されるとき、表面は注意深く調製されそして特別な下塗剤を含浸させなければならない。

ビュー

今日まで、壁や天井の表面はさまざまな方法で装飾することができ、これにはある種のプラスターが適用されています。表面が理想的な構造を有する平坦な表面を与えられる必要がある場合には通常の組成を有する材料が使用され、そして天然材料の光沢、レリーフ効果および模造を得るために特別な組成を有するプラスターが選択される。

したがって、フィラーの種類に応じて、次の種類の装飾プラスターが区別されます。

  • 構造的
  • 織り目加工
  • ベネチアン

材料の第1および第2の変形は、それらが表面に粗さを作り出すので、レリーフタイプのプラスターに属する。ベネチアン仕上げに関しては、滑らかな構造を得るために使用されます。上記の製品はすべて、耐久性、耐久性、および操作上の安全性を特徴としています。



装飾的なプラスターはまた構成の結合物質の存在によって区別され、次のタイプに分けられます:

  • アクリル素材の主成分はアクリル樹脂です。そのおかげで弾性層が適用されます。有機成分に加えて、この顔料には人工顔料も含まれており、さまざまな色の溶液を提供します。

  • ミネラル材料の基礎はセメントを置いた。製品は乾燥した形で製造され、仕上げの前に水で希釈されます。そのようなプラスターの標準的な色合いは明るい色と見なされます。

  • ケイ酸塩その結合成分は液体ガラスです。増加した耐久性と菌類、カビと湿気に対する耐性で異なります。そのような仕上げの操作の期間は50年を超えることができます。

  • シリコーンそれは総合的なピッチに基づいて作られています。ほこりをひきつけず、湿気を恐れず、紫外線にも強いです。さまざまな色で表示される、すぐに使えるミックスで利用可能です。

織り目加工プラスターは装飾的な仕上げで最も人気があると考えられています。それは高い結合を特徴とし、粗い表面構造を提供する。この製品のフィラーは、ミネラルパン粉、木、小石、天然亜麻繊維です。

それはコンクリート、木、煉瓦および塗られた表面を覆う。織り目加工プラスターの構成が独特な粒子を含んでいるという事実により、それはあなたが壁や天井のすべての不規則性を隠すことを可能にします。コーティングする前に、原則として、作業台を追加で準備する必要はありません;それは装飾のために領域をきれいにして、そしてそれをよく乾かすのに十分です。仕上げた後、テクスチャード加工された層は硬くなり、湿気や空気を吸い込まないので、その結果として生じる表面は布、石、革または木材で模倣することができます。

織り目加工プラスターは次の亜種によって表されます:

  • 子羊それはさまざまなサイズの粒状の石です。
  • 樹皮ビートルあなたは溝のある質感でオリジナルのコンポジションを手に入れることができます。
  • 毛皮のコート仕上げの外観は小さな「昼寝」に似ています。


良い資質も特徴付けられます 構造石膏。 その主な利点は薄層と考えられています。材料の組成は、石英および大理石のチップの要素を含む。石膏表面を適用した後、不均一な粒状の質感になります。材料は廊下を飾るのに適しています、それは無臭であり、すぐに乾きます。

特別な注意に値する ベネチアンプラスター それは複数の層からなるコーティングです。それは消石灰と大理石のチップに基づいて作られています。そのような仕上げを完了した後、壁の表面はオニキスまたは大理石に視覚的に似ています。


美しくデザインされた、ベネチアン石膏での作業のために特別な材料と職人技が必要です。それは6層に塗布され、その各々は完全に乾燥される。原則として、このタイプの装飾は、古典的なスタイルとアンティークスタイルのために選択されています。石の表面に加えて、色の顔料で塗装されている場合、材料は貴金属を模した表面を壁に与えることができることは注目に値します。

石膏の主な種類に加えて、現代の建築にもその珍しい品種を使用します。

  • 色付きです。大理石のチップとアクリルでできています。それは耐久性および湿気抵抗によって特徴付けられる壁に、よく適用されます。彼女のパレットは15段階で表示されます。よく準備された基盤の上の1つの層で適用しなさい。

  • スクーター天然フィラーから作られました。描画後に小さな溝、チャンネルの効果を作成します。

  • プラスチックラテックス表面に軽い光沢を与え、起伏のある天然石のように見えます。それはよく洗います、亀裂を形成しません。材料はさまざまな色で塗ることができます。

  • シルク視覚的には何も天然の布と違いはありません。それは絹の遊びを模した真珠の糸で構成されています。それはあらゆる色合いで塗ることができます。湿気を恐れないので、お手入れが簡単です。
  • 雨装飾後、コーティングは真珠のきらめきで透明な構造になります。それは基本的な色で利用可能な細かい砂で構成されていますが、それは簡単に着色することができます。

どちらが良いですか

廊下の装飾には魅力的な外観だけでなく、高性能を持っているしっくいを使用することをお勧めします。この場合の正しい選択は織り目加工プラスターと見なされます。 その主な利点は次のとおりです。

  • お手入れが簡単です。ほこりや汚れからすぐに掃除します。耐火性で湿気を恐れません。
  • 機械的損傷に強い
  • 色と質感の巨大な選択。
  • すぐに復旧しました。
  • それはあらゆる表面にうまく適用されます。

エントランスホールが装飾されるスタイルに応じて、このプラスターのさまざまなサブタイプを選択することが可能です。ほとんどの場合、彼らは吠え声のカブトムシを使用することを好む廊下の装飾で、それはその元の救済によって区別され、それは任意のスタイルでうまくいきます。

選び方

あなたが廊下で仕上げ作業を始める前に、あなたは最初に装飾のための材料を選択するべきです。今日まで、建設市場には装飾石膏の幅広い選択がありますが、 正しく理解するためには、次の基準を考慮する価値があります。

  • フィラー
  • バインディングコンポーネント
  • 敷設の仕方

また、外装用石膏は外観や性状が大きく異なるため、室内装飾用製品にも注意を払うことが重要です。

マンションや家のデザインのために図面とテクスチャに適しています。購入する前に、材料のサンプルを見て、新しい風景の中で廊下の将来の外観を提示することをお勧めします。また、部屋の技術的な特徴や機能を考慮することも重要です。


申し込み方法

他の建築材料と同様に、装飾的なプラスターは適切な仕事と技術を必要とするので、仕上げる前に、あなたは壁の表面を注意深く準備しなければなりません。修理中に材料が床に落ちなかったこと、 部屋の空きスペースはすべてホイルで覆われています。それから壁はプライマーで処理され(それは将来表面への溶液のより良い付着を提供する)そして将来の組成物の色を選択する。




プラスターが明るい基盤で加えられることを覚えていることは重要です。溶液を作業領域に塗布し、ゴム製へらでやさしく水平にする。

この特別な道具は既製のパターンを持つローラーの形で販売されているので、それからあなたは質感や絵を描くことができます。第一層が乾燥したら、第二層のコーティングに進む。解決策を薄く適用することが重要です、そうでなければ救済は目立たないでしょう。


壁の仕上げの最初のレイヤーを必ず薄くする必要がある場合は、2番目のレイヤーをより暗い色に選択できます。これは、ペイントされたテクスチャのボリュームを大きくするのに役立ちます。救済を適用した後、絵の安全性と耐久性について考える必要があります。この目的のために、追加のシーラントを使用し、組成物をそれでコーティングし、そしてそれらは完全な乾燥を待っている。素材の質感と色彩が豊富であることから、あなたは自分の手で変わったオリジナルのパターンを作り出すことができます。


インテリアのオプション

廊下を作ることは特別なアプローチを必要とします。そのスタイルに応じて、適切な種類のコーティングが壁に選択されます。デザイナーはこれらの部屋のために単色樹皮カブトムシプラスターを使用することをお勧めします;それはまた廊下の表面を覆うことができます。


廊下の装飾を美しく見ながら、同時に石やレンガの敷設を模倣して、異常な外観を得るためには繊細な装飾品や彫刻でそれらを飾るのが最善です。

部屋がモダンとして装飾されている場合、壁には対照的な色からなる明るいコンポジションを選択できます。国とプロヴァンスは、それらは適切な軽い目立たないトーンです。

コメントを残します